ビル管理とビル業界

ビル管理と生き残り

清掃や電気・空調・給排水などの設備管理、建築物の保全業務、警備業務等総称して「ビル管理」と言います。簡単に説明すると、建築物を使用し維持・管理するために清掃・点検・修繕などの各種業務を受け持つことを意味します。他にも、「ビルメンテナンス」という言い方もあります。このビル管理ですが、清掃管理・衛生管理・設備管理・建物・設備保全・警備防災等の業務とビル管理産業の業界規模は低迷しています。それは不況の影響もあってビルの所有者がビル管理会社にコストダウンを要求することが増えた影響です。

また不動産への入居率の低迷、テナントの賃料値下げ等によってオーナー企業のビジネスが低迷した為、その結果、ビル管理業界では価格競争が激しくなり入札制度が拡大し苦境に立たされています。ビル管理業界としての曲がり角に差しかかっている現在、清掃管理や設備・施設総合管理等の現状や動向そして業務等はどうなっているのでしょうか。設備機能の状態は建物を利用する方々の快適性や利便性そして建物自体の寿命にも大きく影響します。そのためにも施設の維持管理における体質改善は大切です。

体質改善を行うことで所有者は建物の資産価値を守ります。そのすべての業務をサポートしてもらうのがビル管理産業です。ではこのビル管理業界はどんな独自の保全システムや効率化した清掃管理サービスでビルのメンテナンスや管理を支えながら生き残り作戦を展開しているのでしょう。

ビル管理と景気動向

ビル業界の動向は、不動産市場と取引先の景気動向に左右されます。この不動産市場とは、不動産を投資の対象として考えた時の市場や、不動産の相場価格やトレンド等の市場の様子です。すなわちマーケティングや経済動向・・・

ビル管理も無人化

ビルには常駐設備員や警備員が配置されていました。しかし、業界はどこのコスト削減できるかと考え、人件費を視野に入れてこの常駐設備員や警備員の代行を考えました。それがセンターからの遠隔制御により24時間365日大切なビ・・・